一軒家

最先端の住宅設備が完備された注文住宅|補助金を上手く活用しよう

  1. Home
  2. 空き家をどうにかしたい

空き家をどうにかしたい

積み木

空き家にしておくと損です

以前住んでいた家や亡くなった親から相続した家を空き家のままで放置している場合がありますが、それはとても損なやり方です。たとえ誰も住んでいなかったとしても、不動産を所有している人は毎年固定資産税を支払わなくてはなりません。家を壊して更地にしてしまうと固定資産税の額がグッと高くなるため、わざと家を残しておくことが多くありますが、それも決して賢明なやり方ではありません。なぜかというと、老朽化した家が強風や地震で壊れて通行人などに怪我を負わせてしまったりすれば、家の所有者がその責任を問われてしまうことになるからです。誰も住んでいない家はドンドン老朽化が進みますので、そこに住む予定がないのであれば、思い切って売るか貸すかしてしまうのが一番です。相模原には空き家の有効活用の相談に親身になって応じてくれる不動産業者がいますので、相模原市内にある空き家を持て余している人は、一度相談しに行ってみるとよいです。

最善の策を考えてくれます

相模原市は、数年前に政令指定都市になりました。都心からは少し離れていますが、公共交通網の整備が進んでいますので、どこへ行くのにも不便を感じることはありません。また政令指定都市になった影響で、ここ数年、相模原市の行政サービスは急速に拡充されてきています。住むには非常に便利な街であるため、都心部から相模原市内へ住まいを移す人が増えています。ですので、手持ち不動産を処分するには今が絶好のタイミングになっています。とはいえ、売ってしまう方がよいのか、それとも売らずに貸すだけにしておいた方がよいのか、自分では決められない人がほとんどです。しかし、先程述べた不動産業者に相談すれば、それぞれの人が置かれている状況を考慮した上で、最善の方法を提案してくれます。